デジるんど日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴールデンカムイ

<<   作成日時 : 2018/06/13 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最初の何話かの、アシパが杉元に狩りや動物の習性を教えているあたりがとても好き。

わたしは小学生の頃から「シートン動物記」のアーネスト・T・シートンの著書が大大好きで、シートンの書くネイティブアメリカンや猟師たちの精神・知恵・行動なんかがアイヌとも通じるものがあると感じた。
著者名は忘れてしまったが、小中学生の頃に昭和初期あたりのマタギや猟師の物語もいくつか読んでいて、シートン以外の著者の北アメリカ大陸の自然と人の、“生きるために食べる話”も動物の立場になってみたり、人間の側の気持ちになりながら読んで好きだった。

もともと自然の中に少ない人数で生きていた頃は、人も自然への感謝や恐れを持っていたんだよね。

アシパの言うことや実行していることがいちいち嬉しかった。

ただ、これからの話は囚人メイン、人を殺すことに慣れた人間の殺し合いが多くなりそうで、ちょっと見てて怖いな、と思うこともある。

アシパさん、がんばって。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴールデンカムイ デジるんど日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる