信号機

近所に歩車分離式信号の交差点がいくつかあります。
最近、続けざまにバイクと乗用車が歩行者の横断と同時に突っ込むのを見て、恐ろしくなっています。

名前のとおり、歩行者と車の信号が別々になっています。
横断歩道側信号が青のとき、車の信号は全部赤。
車道用の信号が青のとき、歩行者の信号は全部赤。

わたしが見たバイクは、歩行者の信号を見ていて、青になった瞬間に走り出して、歩行者の青なのに、周りを歩行者が歩き出しているのに、周りを見ることさえしないで、歩行者の間を突っ切って走り去りました。

わたしが見た車は、車の進行方向ではない左右側の信号が「赤」なのを見たようで、「もうあっちは赤なんだからこっちが進んでもいいよな」という感じで発進しました。
この車は、対向車が赤で停止したままであり、後続車も後ろについて来ないのに、そのまま進みました。
おかしいと気付けよ!
幸い歩行者はその車の進行方向にはいませんでしたが。

もう1台の別の車は、おそらく歩行者用の信号を見て発進。
当然歩行者も歩き出して車の前方に複数人いたことで、急ブレーキで停止しました。

みんな、自分の信号を守ってないね?
歩車分離式信号があること自体知らない?

あんな不注意の、周囲を見てもいないバイクや車が多数走り回っているのかと思うと、違反者は過去のビデオ記録からでも割り出して違反点数多めにつけたほうがいいような気がします。
車道でのスピード違反より歩行者の中に突っ込むほうが断然危険だから。
加害者予備軍。交通刑務所に行くことになる前に免許止めたほうが本人のためになる気がします。

歩行者も信号より周辺を注意するのが先のようです。
青になったからといってすぐに渡り始めるのは危険かもしれません。

車・バイクを運転する方々、歩車分離式信号がどこにあるか意識してね。
知らない道は特に要注意!!

歩行者の中を走り抜ける車・バイクはこわすぎて血の気が引きます。