テーマ:NARUTO感想

ジャンプのBORUTO

話はまだ映画とほぼ同じですね。 池本さんの描くサスケ・サラダが好き。 戦闘シーンは全身描いてあるのがいい感じ。 もしかして、映画から? わたしは映画は1回しか観てないし、ソフトもまだ買ってないから覚えていませんけど、この漫画の映画と同じ部分は映画の場面をほぼそのまま描いてあるのかも。 NARUTOの映画、全て映画館では観て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプ23号BORUTO

池本幹雄さんによる「BORUTO -NARUTO NEXT GENERATIONS-」月1回連載開始。 池本さんって、岸本斉史さんのアシスタントの中で唯一キャラのタッチを似せられる人で、影分身のたくさんのナルトを手伝った人だよね? 今回は映画の内容の一部+αという感じ。 冒頭でいきなり物語クライマックスの一部を予告しているみた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャンプ21・22号 NARUTO外伝

~満ちた月が照らす道~ BORUTO映画ラストの、あの問題発言の答えがここに(笑)。 センターカラーの大蛇丸とミツキとヘビ、好き。 大蛇丸の顔は横顔でもいいから見たかったな。 映画で、実の子ってことはないだろうから、人体実験の誰かだろうとは想像してた。 が、作った人間は他にもいたのね。 ミツキからは今は慕われているん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタチ真伝

疾風伝のイタチ真伝、小説とはかけ離れた話になってますね。 脈絡がないというか、つぎはぎというか。 小説からつまみ食いして、アニメのオリジナルで引き伸ばしたことで、小説でのイタチの心理の変化がアニメでは唐突に見える気がします。 アニメでは所詮「夢」だから、ってことなんでしょうか。 設定からして変わっちゃってて、なんだかなあ。 ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疾風伝

話が飛ぶので、わたしが気づかないうちに一週過ぎたのかと思わずカレンダーや録画を確認してしまった。 どうも、小説のイタチ真伝とは完全な別物にするようだ。 イタチが回顧する形を繰り返して話をつなぐ感じか。 しかたないか。 小説どおりだと、サスケもあまり出てこないし、後半なんかは暗くて重い話になるし。 別だとしても、イタチもサス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメNARUTO

今回は頭身や体格やらがおかしなことになってたね。 大人しか描き慣れていないアニメーターが無理して子どもや赤ん坊を描いた、みたいな。 イタチはもう、できすぎてて理想の具現化で人間に見えない。 でも好き。 次回予告、あざとすぎて笑った。 原作小説に沿う気はないらしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疾風伝#671

本編に無理に割り込まずに、イタチ真伝だけで映画を作ってほしかったくらい、イタチ真伝は好き。 幼児期のイタチがかわいくて健気できゅんきゅんする~! オープニングのラストがイタチバージョン!! 小説にないシーンが増えててうれしかった。 カラスのシーンが、自分が落書きで描いた絵に構図が似ててびっくりした。 というか、別の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタチ真伝

イタチ真伝、光明篇と暗夜篇の両方を読みました。 この上下巻とても好きです。 光明篇はイタチサスケ兄弟が最高に幸せな世界で、仲良し兄弟の幼い時代がかわいくてたまらないです。 暗夜篇は主にうちは一族や暗部の中でのイタチの立場と思想の変化が書かれていて、どんどんとつらい話になっていくのが悲しいのですが、イタチが追い込まれながらもサス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ド純情忍伝

自来也の小説ということになっている8月のNARUTO小説、読み終わっています。 今までの外伝とは違い、実際の(?)NARUTO世界ではない架空の忍者世界で、決まり事などが少し違うせいか、全部のキャラが初めての知らない人間であるにも関わらず、それなりに別物として楽しめました。 自来也作ということで、ほんの少しのお色気をにじませたりもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BORUTO観ました

観てきました。「在の書」もらえました。 時間がないので適当感想。 アニメーションの動きはバトルや表情などすばらしかったです。 動体視力のないわたしにはさっぱり見えないほどで(矛盾していますよ)、バトルシーンは映画館鑑賞ではなくソフトで買ってスロー再生するのに適したアニメーションだと思いました。 キャラクターたちの「その後…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

暁秘伝

NARUTO外伝小説「秘伝」6冊め、読みました。 イタチとサスケが出ていたせいか、一番好きです。 6冊の小説、わたしはシカマル・カカシ・我愛羅よりもサクラ・木ノ葉・暁が好み。 無理に設定や敵をつくった話より、短編集の軽いノリが好きみたいです。 木ノ葉は笑えるのがよかったです。 どこが「秘伝」なのかわからない話がほとんどですけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NARUTO外伝にツッコミ追記

昨日、さらっと流してしまった香燐とサクラ・サラダの話。 ちょっと待て。 サクラは「サスケを追いかけて旅をしていた時期」に香燐のアジトで出産!? 身重の体で香燐と二人旅!? それってどうなの。 サクラは自分も医療忍者だから自分のことはわかってて対処できると考えていたのか、子供の誕生前にサスケに会うつもりだったのかもしれないが、無…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャンプNARUTO、ワートリ

NARUTO外伝、最終話 わああ、ラストページにうちは家のカラーとか、うれしー! この写真を見せるためにわざと最初に半端な写真立てを出したんだね。 うちは一家の絆の再確認はうまく収まった。 ただ、マンガだからいいんだけど、写輪眼だの怪力だの、あからさまな両親の術の特徴で証明できるサラダはいいとして、そういう忍者キャラじゃなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプ31号NARUTO、ワートリ

NARUTO外伝 親子タッグというか、夫と妻と娘の互いを信じて通じて任せて、それぞれの今の力で敵撃退、がうれしい。 日本人的だな、とも思う。 言葉やモーションよりアイコンタクトやうなずきのほうが大きな意味を持っていて。 そっかー、サクラは今では「サスケくん」じゃなくて「アナタ」かー。 サラダは写輪眼と怪力の両方を受け継いでいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプNARUTO、ワートリ、アニメワートリ

七代目火影。 元「鷹」が!サスケに捨てられて(^_^;)、大蛇丸のところに戻ってたのか! 重吾はそれで納得しているのか。 大蛇丸は相変わらず他人をのっとっているわけね。ナルトは深くは関わる気はなさそう。木ノ葉の忍者でなければ個人の術による殺人(肉体の乗っ取り)までは介入しない? サラダの悩みの話部分が、ジャンプマンガとは思えない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプ七代目火影

サスケが活躍してくれると嬉しい~。 サクラが駆けつけて燃えた!セリフが好きだ(笑)。 けど、サスケが結構怪我したみたいだし、治療してくれるはずのサクラは飛ばされちゃったし、サスケの出番はこれで終了なのか。 娘の前でカッコイイところを見せられて、守れてよかったね、サスケ。 サクラが攫われるのはサスケとナルト二人とも見守ってたのかよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプ、NARUTOとワートリ

遅くなってしまった! 修、誕生日おめでとう! ジャンプNARUTO、うちはシンがほとんど「小さいマダラ」。万華鏡写輪眼は違うけど。 ジャンプマンガにはよくあることだけど、最初は珍しかったり貴重だったりするものごとがどんどん大安売りになるなあ。 ナルトが、自分のことを嘘でよく見せようとするとは思わなかったので少し幻滅した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプNARUTO、ワートリ

七代目火影と― お弁当の中身はどうなっているのか、想像したくないな。 NARUTOはどうしてもうちは一族の因縁から逃れられないか。 火影に追いつけると考えるサラダは純粋に子どもらしいのか、本気で追いつくつもりの速さが出せるのか。 写輪眼のおばけ、白ゼツとダンゾウとマダラが混じったような気持ち悪い相手だなあ。 子どもはうちはシン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七代目火影と緋色の花つ月

ううむ、何回聞いても見ても覚えにくくて書きにくいタイトルだな。 前回より話が進んで面白く感じた。 サスケも少し動いたし。 ナルトに「アナログ」とバカにされるサスケとフォローを入れるシカマルの図に笑った。 サスケは実のところ、パソコン使えるんだろうか。 でも、パソコンがあって充電する通信製品はある世界なのに電話は古い受話器で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THE LAST

「THE LAST」、観てきました。 前作、前々作に比べると大阪では人の入りは5倍くらいに見えました。たった1劇場の1回だけでの判断ですが。 座席が悪かったか、わたし自身の耳が悪いのか、効果音やBGMばかりが耳について、台詞があまり聴き取れませんでした。 トネリや日向関係の解説部分は理解していません。 なので、ストーリーその…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ナンバー700:うずまきナルト!! 感想

全ページカラーというすごい最終回。 そしてONEPIECEに扉返ししている。 カラーでなかったら誰が誰の子か、わからなかったかもしれない。 この最終回は誰と誰が結婚してどんな子供がいるか、かつてのレギュラーがどんな大人になったか、のキャラ紹介がメインだね。 忍者の世界や社会がうまく回っているのか問題はないのかとか二の次だ。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナンバー699:和解の印 感想

4週遅れでジャンプ50号のNARUTO感想。 連載終了号だから、ONEPIECEのロゴや扉イラストがNARUTO仕様になっていたのが嬉しい。 記事関係は、1ヶ月たって今更なので略。 ナンバー699:和解の印 ナルトとサスケが倒れている場所をロングに引くとそこは柱間とマダラの像の、壊れて重なった和解の印の形になった指の上。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NARUTO

終わりましたね。 今までに終わった、好きなアニメや漫画の最終回と違って、寂しいとか悲しいというより、ほんわかあったかいようなほっと和むような、安心するような、ふわりと降り立ったような、そういう気持ちになりました。 本人の予告発言があったり、映画予告が原作のネタバレになっていたりしたから、ある程度予想と覚悟ができていたおかげで、楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプNARUTO、ワートリ

NARUTO これはもう絶対、ヤバイ損傷してる、と思ったけど、想像したよりは軽くてほっとした。 映画の予告では五体満足のようだし、医療忍術かチャクラかで元に戻してもらえるんだろう。 漫画だからこれですんでるけど、実際には止血しなかったら朝までもたないよ。 能力とか術とか強さではなかったんだね。 見事にサスケの根負け。 ナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプNARUTO、ワートリ

NARUTO おおげさな術より、これくらいの殴り合い・取っ組み合いのほうが飽きないな! ただ、ここまできてもサスケはナルトを殺したいんだと思うと悲しい。 サスケはナルトにいなくなってほしくてそれには殺すしかないみたいに思ってるんだよね。 ナルトがサスケを追いかけるからサスケにはそれが苦しいのか? ナルトが自分より強く見えるから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプNARUTO、ワートリ

NARUTO。 終末の谷の闘いをなぞりつつ、まとめにかかろうとしているのはわかる。 盛り上げたいところなんだけど、残り話数を知ってしまうと、このペースとこの手法では自分が読みたい・見たいものは望めそうにないなあ、などと思ってしまう。 もし本当にナルトとサスケがお互いの実力や本心に気付いていながら戦っているのだとしたら、サスケは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプNARUTO

思ったより小規模で第一部の終末の谷の闘いをなぞっているようだ。 サスケは言うほどには本気でナルトを殺そうとはしていない? それとも、確実に勝てるつもりでいる? 残りの話数を考えると、バトルをする時間(ページ数)はほとんど無いから、ナルトの語りが始まるのか? フガクとミコトに出てきてほしい。 映画にサスケがいて、額当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプ NARUTOとワートリ

NARUTO サスケにとっての火影が語られました。 うむむ、憎しみを一手に引き受けるまではわからなくもないけど、その後の自分一人で始める、ってのがなあ。 サスケが死んだらそれで終わりじゃないの。 サスケが終わったら誰も憎しみを背負ってくれないし、焼き尽くしてもくれないし、制する力もないわけでしょう。 ちっとも未来につながらなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプNARUTO

「場所を変える」っていったらやっぱ終末の谷だよね、と思ったら誰もが考えるそのとおりだった。 と、いうことは、例のバトルと同等以上の期間・規模でこの二人の死闘か。 サスケが昔のような戦い方をしてくれるのならそれなりに見ごたえあるかもしれないが、第二部のサスケの戦いってあまり面白くないのだ、わたしには。 写輪眼と刀しか使わないせい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプNARUTO

こうきたか。 サスケがあまりしゃべらないときって、必ず後でこうやってひっくり返すね~。 しかしどう考えても指導者の器じゃないって、サスケ。 やりたいことがあるなら、トップは別に立てて、そいつを操るほうが似合ってるよ。 でも、これで本当に2~3年前のジャンフェスでの予告どおりの流れになったみたい?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more